top of page
loi de finances 2023 Maroc
loi de finances maroc 2023 - logo
モロッコにおけるビジネスの定住: 新しい法律および規制の枠組み 

 

商法を構成する法律第 15 95 号を修正および補足する法律第 89 17 号は、官報第 6788  で公開されました。

ビジネス定住とは何ですか?

 の場合ビジネスの創造すべての起業家は、自分の会社の住所をどこにするかを選択しなければなりません、つまり本社です。これは、ビジネスまたは協会を作成するための最初のステップです。

La 職場の住所  は、会社の私書箱を指定するために使用されます。すべてのドキュメントは、パートナー、顧客、サプライヤーなどからこのアドレスに送信されます。この住所は、会社を識別するために、請求書、見積書、手紙、および契約書に記載されている必要があります。また、行政があなたの公式文書をあなたに送付するための行政上の住所としても機能します。

商法の新しい第 544-1 条によれば、「本籍地とは、本籍地と呼ばれる自然人または法人が、本籍地と呼ばれる別の法人または自然人とともに、その登録事務所または会社の登録事務所を選択することからなる。 »

ビジネスの定住化により、起業家は税金を節約し、行政手続きのコストを削減できます。ビジネス定住オファーを見つけることはかなり可能です 月額100ディルハムから。

お役立ち情報 :会社の本籍地はモデル J に表示されます。

L-エキスパート-comptable.ma  ビジネスの本拠地に関するアドバイスを提供します 

会社の本籍地は? 

あなたの手段とニーズに応じて、あなたのビジネスを自宅に置くことも、別の住所を選択することもできます。ビジネスを定住させるための主なオプションは次のとおりです。

  • 個人宅への定住:  会社の登録事務所を会社の取締役の個人住所に固定することは可能です。

  • 商業施設への居住:この施設が商業活動専用である場合は、商業施設 (購入または賃貸) に会社を居住させることができます。

  • 定住会社への定住:また、商業居住地またはビジネスセンターについても話します。起業家は un  に署名します定住契約  定住会社と提携し、会社の住所を提供できるようにします (私書箱のレンタル). 

  • コワーキングスペースでの定住:コワーキングスペースに会社を入居させることが可能です。この場合、敷地を他の起業家と共有し、このスペースに居住することができます。

  • 他の会社の登録事務所に居住:御社を別の会社の本社に置くことは可能です。このような状況では、une  を締結することが必須です。施設の提供に関する合意.

お役立ち情報 :  手続きを容易にし、有効な法律を順守できるようにするために、居住会社のサービスを利用することは戦略的です。公認会計士は、この問題についてあなたにアドバイスするための最良の味方です。公認会計士は、la  によって活動が管理されているリベラルな専門家です。律法 (15-89).彼の活動を行使するには、公認会計士でなければなりません公認会計士協会の理事会に登録されています

 

NOS SERVICES
Loi de finances 2023 au Maroc

定住契約:新規

定住契約の締結は、定住者(会社)と定住エージェントの間で不可欠です。

 

法律 89-17 は、次の新しい機能をもたらします: 

  • 定住契約は、規則によって設定されたモデルに従って作成されなければなりません。

  • 定住契約は、暗黙の合意によって更新可能な期間で締結されます。

  • 法律は、モロッコに登録事務所を有する法人を居住地から除外し、各自然人または法人が複数の居住地を選択することも禁止しています. 

居住地の義務は何ですか?

すべての定住エージェントは、以下の義務について、責任を負うという罰則の下で、商法の第 544-4 条に拘束されます。

 

  1. 居住者に、通信手段を備えた施設と、会社の管理、管理、または管理を担当する機関の定期的な会議の開催、および登録簿の保持、保存、および相談を可能にする部屋を備えた施設を提供するおよび有効な法律および規則によって規定された文書。

  2. 場合に応じて、住所を有する自然人の身分証明書の写し、または商業登記簿の登録の抽出物、または管轄の行政当局が提供するその他の書類を要求することにより、彼と一緒に住所を有する人物の本当の身元を確認する居住者を特定するため。

  3. 会社の活動に関連する文書を保存し、最新の状態に保つこと。

  4. 居住者との居住関係の終了後、少なくとも 5 年間、居住者を特定するために使用される文書を保持すること。

  5. 居住者ごとに、個人の場合は個人の居住地と電話番号の詳細、電子メール アドレスと ID カード番号、法人の場合は住所と電話番号に関連する補足文書を含むファイルを保持します。法定代理人の番号、電子メール アドレス、および ID カード番号。このファイルには、本籍地の会社の活動場所のそれぞれと、本籍代理人に保管されていない場合の会計書類の保管場所に関する補足書類も含まれています。

  6. 有効な立法または規制文書によって登録が要求されている場合、定住契約の締結後 3 か月以内に居住者が商業登記簿に登録されていることを確認します。

  7. 毎年 1 月 31 日までに、必要に応じて税務署および税関当局に、その施設に居住している人々のリストを提供します。

  8. 15 日以内に、必要に応じて、税務署の書留郵便が定住者に届けられなかった状況を税務署に通知する。

  9. 契約の満了または契約の早期終了の場合は、30 日以内に、裁判所の書記官、税務サービス、および必要に応じて税関に、その施設に居住する人物の居住の停止を通知します。 ;

  10. 居住者に連絡するために必要な情報を執行可能なタイトルで執行官および公的債権回収サービスに伝達する。

  11. 居住者に関する情報とデータの機密性を尊重します。

出典:シミュレータオンライン

 

商法第 544 条の 4 の 5、6、7、8 および 9 の規定に違反した場合、定住代理人は、商業活動に関連する税金および関税の支払いに対して連帯責任を負うものとします。居住者。 

住民の義務とは ?

 

  1. 居住代理人が自然人の場合、婚姻状況、個人の住所および活動に関する変更、法人の場合、法人の形態、名前、および法人に関する変更を定住代理人に宣言します。目的、法定代理人、および定住代理人に対して定住者を拘束し、関連文書を提供するために権限を委任された人の名前と住所。

  2. 定住代理人に、その義務の履行に必要な、有効な法律および規則によって規定されたすべての登録簿および書類を提供する。

  3. 商業活動の際に、定住者が関与する紛争または意見の不一致、および彼が当事者となる可能性のある訴訟について、定住エージェントに通知します。

  4. 裁判所の書記官、税務署に 30 日以内に通知します。該当する場合は税関、契約の満了または契約の早期終了の場合、口座引き落としの停止。

  5. 定住エージェントがその代わりに通知を受け取ることを許可します。

  6. 第三者を対象とするすべての証書および文書、特に送り状、手紙、発注書、価格表、目論見書、およびその他の商業書類に、定住代理人の本籍地であることを示す」(商法第 544 条の 6)。

出典:シミュレータオンライン

モロッコでの事業定住の料金は? 

定住センターは一般的に、選択した方式 (メールの転送またはスキャン、電話の受信、クラウド、プライベート オフィスの臨時使用など) によって価格が異なるビジネス定住を提供します。

 

通常、料金は、加入しているサービスのレベルに応じて、1 か月あたり 100 ディルハムから 400 ディルハムの間で変動します。

コワーキング スペースのレンタル料金は、月額 1000 ~ 4000 ディルハムです。ひとつの 「シェア」オフィス et は、1 か月あたり 10,000 ディルハムを超えることがあります。「プライベート」オフィス.

商業スペースを借りたり購入したりしたい場合、これは通常、はるかに高いコストを表します.たとえば、カサブランカでは、商業施設を借りると、通常、マーリフまたはアンファ地区で 1 平方メートルあたり月あたり約 140 ディルハム以上の費用がかかり、カサブランカ金融都市 (CFC ) 区域。

 

 

モロッコにおけるビジネスの本拠地: 制裁と罰金

 

10,000 dhs  から 20,000 ディルハムの罰金が科せられ、所管官庁への申告なしに定住活動を行った自然人または法人。

新法の規定に違反した居住者は、5,000 ディルハムから 10,000 ディルハムの罰金が科せられます。

新しい法律の規定に違反した居住者は、10,000 から 20,000 ディルハムの罰金で罰せられます。

Loi de finances 2023 au Maroc

Voulez-vous créer une société SARL au Maroc ? Contactez nous

Si vous êtes un ressortissant étranger au Maroc et vous avez besoin d'assistance, n'hésitez pas à nous contacter.

Institution de la possibilité de constituer des provisions pour investissement en faveur des sociétés ayant obtenu le statut CFC

 

Avant la loi de finances pour l’année budgétaire 2023, les sociétés de services ayant le statut CFC étaient imposables à l’IS au taux spécifique de 15%.

 

Suite au relèvement du taux applicable à ces sociétés de 15% à 20%, dans le cadre de la réforme globale des taux d’IS précitée, et afin de sauvegarder la compétitivité et l’attractivité de ce pôle, la LF 2023 a modifié les dispositions de l’article 10IIIC du CGI, afin d’instituer une mesure permettant auxdites sociétés de services de constituer des provisions pour investissement déductibles, dans la limite de 25 % du bénéfice fiscal après report déficitaire et avant impôt.

A ce titre, l’investissement doit être réalisé dans des titres de participation, au cours de l’exercice comptable suivant celui de la constitution des provisions précitées et l’entreprise concernée doit conserver les titres acquis pendant au moins quatre (4) ans, à compter de la date de leur acquisition.

 

Elle doit, en outre, inscrire la provision pour investissement au passif du bilan, sous une rubrique spéciale,  faisant  ressortir  par  exercice  le  montant  de  chaque  dotation  et  souscrire  auprès  de l’administration fiscale un état selon un modèle établi par l’administration, à joindre à la déclaration du résultat fiscal.

 

La provision ou la part de la provision non utilisée conformément à son objet dans le délai visé ci-dessus est rapportée par l’entreprise ou, à défaut, d'office par l’administration, sans recours aux procédures de rectification de la base imposable, à l'exercice au titre duquel elle a été constituée.

 

Par dérogation aux dispositions relatives aux délais de prescription, si l’exercice au titre duquel doit être rapporté la provision ou la part de la provision est prescrit, la régularisation est effectuée sur le premier exercice de la période non prescrite.

 

Par ailleurs, compte tenu de la démarche progressive sur quatre ans retenue pour le relèvement du taux spécifique de l’IS applicable aux sociétés de services ayant le statut CFC et afin de maintenir un taux d’imposition effectif de 15% en faveur de ces sociétés, l’article 247XXXVIIE du CGI a fixé les limites des taux admis pour la constitution des provisions pour investissement au titre de chaque exercice ouvert durant la période allant du 1er janvier 2023 au 31 décembre 2026, comme suit :

 

  • 7,70% au titre de l’exercice ouvert à compter du 1er janvier 2023 ;

  • 14,30% au titre de l’exercice ouvert à compter du 1er janvier 2024 ;

  • 20% au titre de l’exercice ouvert à compter du 1er janvier 2025 ;

  • 25% au titre de l’exercice ouvert à compter du 1er janvier 2026.

 

Rationalisation  des  avantages  fiscaux  des zones d’accélération industrielle (ZAI) accordés aux entreprises financières

Certaines   entreprises   financières   installées   dans   les   zones   d’accélération   industrielles   (ZAI) bénéficiaient des avantages fiscaux prévus en faveur de ces zones, alors que les entreprises similaires qui rendent les mêmes prestations à ces zones sont soumises aux règles de droit commun.

Afin d’assurer l’équité fiscale dans le traitement desdites entreprises, la LF 2023 a exclu les entreprises financières du bénéfice des avantages fiscaux de ces zones et ce, en harmonisation avec ce qui a été prévu par la LF 2021 pour les entreprises financières ayant le statut CFC. Il s’agit des entreprises financières suivantes :

 

  • les établissements de crédit ayant cette qualité, conformément à la législation en vigueur ;

  • et les entreprises d’assurances et de réassurance ayant cette qualité, conformément à la

législation en vigueur.

 

Prorogation du délai prévu pour bénéficier de l’abattement de 70% appliqué sur la plus- value nette réalisée à l’occasion de la cession des éléments de l’actif immobilisé

 

La LF 2022 a complété les dispositions de l’article 247 du CGI par un paragraphe XXXV prévoyant une mesure transitoire et dérogatoire visant l’incitation au réinvestissement du montant global des produits de cession net d’impôt de certains éléments de l’actif immobilisé, réalisés au titre de l’année 2022.

 

Cette mesure vise l’institution au profit des entreprises d’un abattement de 70% applicable sur la plus- value nette réalisée à l’occasion de cession des éléments de l’actif immobilisé, à l’exception des terrains et constructions, au titre de l’exercice ouvert au cours de l’année 2022.

 

Afin d’encourager davantage les sociétés à réinvestir le montant global des produits de cession des éléments de l’actif immobilisé, la LF 2023 a prorogé le délai d’application de cette mesure au titre des exercices ouverts au cours des années 2023, 2024 et 2025.

Loi de finances 2023 au Maroc

ビジネス マネージャー、リベラルな専門家、または協会のマネージャーであるかどうかにかかわらず、単独で、またはチームのリーダーとして、活動の分野を問わず、LEC.maお客様のニーズを特定して対応します。

会社の創造から発信まで、日々の経営、困難な時、最も野心的なプロジェクトなど、あらゆる場面で私たちはあなたのパートナーです。

Loi de finances 2023 au Maroc
Loi de finances 2023 au Maroc
私たちは誰ですか?
LEC.maモロッコの公認会計士の名簿に登録されている公認会計士と法定監査人の会社。
私たちのサービス

社交

専門家が給与計算と社会宣言の管理に同行し、人事管理手順についてアドバイスします。

詳細情報 >

ケース マネージャーは 納税申告書を作成し、有益なアドバイスを提供します。

会計

私たちの事務所は、会計をより便利で効率的にする経験を持っています。

法的

私たちの役割は、あなたの権利と義務を説明し、あなたの決定と行動について助言することです。

詳細情報 >
登録カードが必要ですか?お問い合わせ

モロッコ在住の外国人の方で、サポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。

位置

お問い合わせ
contact@lec.ma
電話: +212 661 281 242
ファックス: +212 522 670 345

カサブランカのオフィス
73 ブルバード ダンファ
6階 602 
20000 カサブランカ

アガディールのオフィス
アガディール湾 - テクノポール 1
ブロックD、4階、No. 408
80000 アガディール

さらに情報が必要ですか?お問い合わせ

サポートが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。

Loi de finances 2023 au Maroc
Loi de finances 2023 au Maroc
bottom of page